自宅 脚脱毛


自宅で脚脱毛(すね・ひざ下の脱毛)をするなら

自宅でひざ下の脱毛をするメリット

では次に、ひざ下のむだ毛のお手入れ方法のメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。まとめることで、整理もできると思います。その中から、自分の優先するメリットのあるものを選ぶとよいでしょう。

まず、自己処理のメリットからです。自己処理は、なんといってもいつでも簡単にできてしまうのが一番のメリットでしょう。しかも、コストもカミソリ代くらいしかかかりません。急な予定などの際にも、すぐに対応できるのがこの自己処理だと思います。自己処理の代表的なものはカミソリで剃ることですが、最近では女性の顔用シェーバーが安いのでお手軽です。やはりカミソリよりかはシェーバーの方が直接刃がお肌に触れないので安全でしょう。

さらに、本格的に脱毛しようと思うとエステサロンと同じ光脱毛方式の脱毛が自宅でできる家庭用脱毛器というものも5万円〜7万円くらいの値段帯で販売されています。脱毛器の場合には、シェーバーやソイエなどの毛抜きと違って、うまく効果が出ると毛が生えてこなくなる、毛の量を大幅に減らせるという特徴があり、1年から2年くらい根気よく生えてきたら照射というのを繰り返すことで自己処理から解放されるため、7万円と高いものの値段相応の価値はあるでしょう。

一本ずつピンセットで抜くことを思えば、光脱毛器は照射面積も大きく一度に大量の毛を処理できるのでかなり時間の短縮にもなります。お金に余裕があるのであれば、光脱毛器を買うのもよいでしょう。急な予定の場合にはそのメリットは発揮できませんが、長期的に見れば、一番お肌に負担のかからない手段ですし、生えてくる毛の量自体が減るので、数本生えてきたのを気づいたらカミソリなどを使って処理するという程度で済みます。

自己処理は、本当に自分の気になるところや、まだ抜け切れていない残り毛が、自分で把握できているのでよいです。脱毛サロンや医療脱毛ですと、どうしても本当に気になる部分を施術してもらえないこともあります。そう考えると、自分で自分の気になるところをお手入れできれば、申し分ないですよね。

自己処理のデメリット

では次に自己処理のデメリットについて考えてみましょう。
特に自己処理のなかでも毛抜きやカミソリでの処理に関するデメリットについて考察いたします。

自己処理で一番気になるのは、処理をしたあとのお肌の影響です。

あまり頻繁にそったり抜いたりを繰り返していると、毛穴で炎症が起きてしまったり、炎症後は色素沈着になってしまったり、さらには個人差にもよると思いますが、毛が濃くなってしまうなどのトラブルにつながります。

結局、エステサロンの脱毛がこんなに流行っているのは、自己処理をするとほぼほぼ埋没毛や毛穴の炎症、ワキの黒ずみなど肌トラブルが避けられないからです。

脱毛すれば黒ずみも序々に改善されていきますし、埋没毛もなく毛穴レスの美脚になれます。

せっかく綺麗にみせるためにお手入れをしているはずなのに、自己処理では肌トラブルになるのでは本末転倒ということです。

とくにトラブルの起きやすい処理方法は、毛抜きやソイエなどの電動脱毛器で毛を抜くものです。

毛を抜けば、カミソリのように頻繁に肌へダメージが加わらないから良いように思えますが、そうではないのです。

抜くときのお肌へかかるダメージは、想像以上に大きいのです。毛を抜く際に、実は毛だけではなく、毛穴のまわりの皮膚組織も一緒に剥がしとってしまっています。ピンセットの場合、一本ずつ毛の流れと同じ方向に抜けばある程度のダメージは少ないのでよいのですが、電動毛抜き器の場合は毛並みに関わらず、一気に大量の毛を抜くことになります。

抜いたあとのケアも、しっかり冷却をして炎症を鎮め、皮膚を清潔に保っておかないと、どうしても炎症を逆なでしてしまって、治まったときには色素沈着、というよくないサイクルに陥ってしまいます。

また、皮膚を剥がしとってしまうことでその炎症が治まったあと、本来出口があるはずの毛穴が塞がってしまい、皮膚の下で毛が成長していってしまうという現象も起こりかねません。これは埋没毛というもので、これも炎症や色素沈着に繋がりますので、気をつけなくてはいけません。

ムダ毛処理のお肌へ与えるダメージ

普段何気なく行っているムダ毛処理ですが、実はお肌に対しては大変悪影響を及ぼしているということはご存知ですか。もちろん、処理方法によってお肌に与えるダメージは違ってきますので、ムダ毛処理の際はいかにお肌に優しく処理するかが大変重要になります。

まず、なんといってもお肌に対して悪いと考えられるのは脱色剤と除毛剤を使った処理方法ではないでしょうか。これらは、刺激の強い薬剤を使用しているものが多いので、お肌が敏感な人にとってはかぶれや湿疹、炎症といった症状を引き起こすことがあります。

脱色や除毛は処理が簡単でお手軽にムダ毛処理が可能なので便利ですが、健康なお肌も傷つけてしまうので、使用には注意が必要ということを心得ておきましょう。

次に、毛抜きなどを使ってムダ毛を脱毛する方法がありますが、これはお肌全体を傷つけるようなことはしないので、比較的優しい処理方法ではないでしょうか。しかし、中にはお肌の弱い方で抜いた箇所が腫れてしまったり、かゆみなどの症状が引かないなどのケースもありますので、そのような時は無理をせずに違う方法で処理を行ったほうが良いでしょう。

最後にカミソリやシェーバーを使ってムダ毛を剃る処理方法です。この方法も比較的簡単に処理できるのですが、刃がムダ毛と一緒にお肌も剃っていますので、あまり処理回数が増えてしまうとお肌への負担が大きくなり、肌荒れやカサつきなどにつながってしまいます。

対処方法として、処理前にはシェービングフォームやジェルなどを必ず使用してあげて、カミソリの刃からお肌を守ってあげるようにしましょう。

参考サイト

自宅で脚脱毛(すね・ひざ下の脱毛)をするなら記事一覧

いつも憧れていた無駄毛処理済みの美しいすべすべ肌、自分もそうなりたいとずっと願っていましたが、ようやくそれも叶いました。勇気が出せずにずっと行けなかった脱毛サロンへ行ってきたのです。以前から興味があったのは海外発祥のワックスによる脱毛です。特にアンダーヘアをきれいにしたいと考えていたのでVIOライン...

多くの女性の天敵であろう無駄毛。薄毛なら良いのですが、脇の下とかって結構大変ですよね?私は皮膚が弱いので、脚脱毛するときも結構大変だったりするんです。剃った後に水分を与えてローションを塗って、と保湿に気をつけないとすぐに赤くなって大変になります。だからといって放置しておくとそれこそ大変な事に。何故、...