脱毛中のアフターケア


脱毛中のアフターケア

アフターケア

では次に、脱毛中のケアについてお話して行きましょう。脱毛中のケアとして、まず施術直後のケアからお話ししましょう。脱毛直後は、どの脱毛方法にしても、やはりお肌にダメージが加わってしまっている状態です。特にひざ下の脱毛をすると毛穴に赤みが出たり軽い火傷状態になることがあります。もしお肌に熱感を感じるようであれば、冷やしたタオルや氷などで冷やすようにします。

特に医療脱毛の直後はかなり赤みがあるかと思います。そのような場合は、無理をしてはいけません。お肌に刺激の加わるようなことは控えましょう。例えば、お風呂に浸かるのも避けた方がいいでしょう。熱感があるところに、また熱を加えてしまうとさらにヒリヒリ感がましてしまう可能性があります。熱感がある場合は、シャワーなどで済ませましょう。

皮膚の状態は清潔にしておくことが重要です。脱毛後、数日経ったら今度は保湿に心がけます。やはりダメージが加わった後ですので、お肌も乾燥してしまいがちです。手持ちのボディクリームなどをこまめに塗ると良いでしょう。逆に施術直後は軽く炎症もしている状態なので、あまり刺激を与えてはいけません。お肌に良いと思ってしたことが、逆効果になってしまいかねないので、お肌が落ち着いてから保湿をするようにしましょう。

絶対にしてはいけないのは、毛を抜くことです。レーザーや光は、毛の黒色に反応します。そして毛根を焼き殺していくわけなので、毛を抜いてしまってはせっかくの脱毛が台無しになってしまいます。もし気になるようであれば、カミソリを使ってよるようにしてください。剃るのであれば、毛根はなくなりませんので脱毛に影響はありません。あと、皮膚が黒くなってしまうとレーザーや光の反応が悪くなってしまうので、日焼けはしないように心がけます。日焼け止めなどを塗るようにして、カバーしましょう。